リストとべーゼンドルファー


19世紀のヨーロッパ社交界最大のスターといえば、「史上

最強のピアニスト」フランツ・リストであろう。彼が「発明した」

ピアノリサイタルはヨーロッパ中の社交界から熱狂的な支持

を集め、リストの演奏を一目見ようと殺到する女性たちの中

から文字どおり失神する者が続出したという。

リストの演奏は超絶技巧を要する激しい打鍵で知られ、彼が

2,3曲演奏すると大抵のピアノは使用できなくなった。

唯一彼の演奏に耐えたのが、ウィーン生まれのべーゼン

ドルファー社製ピアノだったという。その後、べーゼンドル

ファーはリストの名声と共に世界中に知れ渡っていった…

今回の会場、栗東芸術文化会館さきらで使用されるのが

このべーゼンドルファーなのです。実はこのピアノ、激しい

演奏に向くというよりは、「至福のピアニッシモ」…美しい

弱音の響きで知られています。

ウィンナートーン(ウィーンの音色)を忠実に再現するべーゼン

ドルファーを滋賀県を代表するピアニスト南 千勢子さんが

演奏されます。リストを主要なレパートリーとする南さんの

演奏を聴ける幸せを噛みしめながら、至福のピアニッシモに耳を澄ませたい。


特集記事
最新記事