皇妃とザッハトルテ


身長172cm、体重50km、ウエスト50㎝という体形を60歳で生涯を閉じるまで維持

し、ハプスブルクの美神と称えられた女性がいた。事実上最後のオーストリア

皇妃エリザベートである。当コンサートの主人公フランツ・リストはサロンの寵児

としてヨーロッパ中の女性にもてまくり、その熱狂ぶりは伝説になるほどだったが、

そのリストをして、「この世のものとは思えぬほど美しい」と言わしめた、絶世の

美女。南ドイツのバイエルンの王族から、ハプスブルク皇帝フランツ・ヨーゼフの

もとに輿入れした彼女は、ウィーンの王宮の不自由なしきたりを嫌い、ストレスの

ため、拒食症になる。生まれつき備わった美貌を保つためのダイエットと気まぐれ

な旅行だけが彼女の楽しみであったという。王宮では食べ物を受け付けなかった

彼女も旅先では、ザッハトルテをはじめとしたスイーツには目がなかった。

そのエリザベートが愛したザッハトルテがCafe Feliceさんのご協力で、栗東いちじく

を使用して蘇りました!

アプリコットジャムを使うのが一般的、栄養素やカロリーに拘ったというエリザベートに合わせて栗東いちじくジャムを使った

一品は、甘さ控えめ、しかしチョコレートの風味を活かし切った大人の味。

こだわりのザッハトルテのレシピはりっとう無花果コンサートの参加者にのみ当日公開されます。どうぞお楽しみに!!


特集記事
最新記事